スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

36w2d (さよならピー助) 

36w2d

無事に36wに入る事ができました。

この前の火曜日の妊婦検診では赤ちゃん達は2127gと1639gと小さめですが元気です
一人がまた逆子です。
私のお腹はまだ余裕があるみたいで毎日クルクル廻ってて毎日のNSTモニター検査は心臓位置を探すのが毎日至難の技で助産婦さんを困らせてます。
でもお腹の張りも無くて37週まで何とか頑張れそう

ここからは悲しいお知らせです。

10月30日ピー助が天国へ逝ってしまいました。

主人が夜、家へ帰ると巣箱で眠るように横たわってたそうです。

私が入院して生活が変わった事、丁度産卵時期で疲れ気味だった事が原因なんじゃないかと思います。

入院してから元気がないピー助の話を聞く度居てもたっても居れない私は、実は先週日曜に外出届けをもらい自宅へ帰ったんです。

やはりいつもの元気はないけど、卵を抱えてる感じでは無いし餌も食べるしお尻に問題ないしフンも普通だったので、鳥の病院に連れて行くほどではないかなって思ってました。
でも甘えてくるピー助を見てるとやはり涙が出て「もうすぐ赤ちゃん達と帰るから元気に待っとってよ~」と声をかけ病院へ戻りました。

主人に寄ると10月30日の朝はカゴを開けるとチョコチョコ寄ってきて手のひらで寝たがり更に元気なく心配だと昼間にメールがありました。
私も心配で夜帰って様子をすぐ電話してねと返信してました。

やっぱり主人が仕事を休めないようなら私が今週末帰って、一度ピー助は病院に何とか連れて行こうと思ってました。
でも、その日の内に天国へ旅立ってしまってたんですね。

このブログ書いてる間も涙が止まりません。

ピー助、家に来て幸せだったよね?

初めてピー助に会ったのは2004年の大晦日のペットショップでした。ゴジラの目に似て一番悪そうな顔だと主人が選んだまだ雛だったピー助。

臆病で箱から出したら私の首の後ろの髪の毛の中に入って出て来ませんでした。

その日は主人から私はプロポーズされた大切な日でもありました。

あれから私と主人にはかけがえのないピー助だったよね。

最後、主人も一人で辛かったと思います。主人も泣きました。

もうすぐ家には双子ちゃんがやって来ます。今までのようにはピー助のお世話ができないだろうからピー助が寂しいだろうなって心配はしていましたが、ピー助が自分で身を引いたようにしか思えません。

毎日、何かと思い出しては泣いてしまうけど、今はお腹の赤ちゃんに集中してねって事だよねって主人と話しています。

ピー助、今まで本当にありがとう!

私達は、ピー助にいつも癒されて和まされていたよ。本当に幸せでした。

ゆっくり眠ってください。そして又双子ちゃんに手が掛からなくなったら家に君が戻ってきてください。

暗いメールになってるかな?でも私は大丈夫です。
いつもブログでピー助の心配してくれた皆様、ありがとうございました。

最後に私の携帯電話の待受画面にしている一番お気に入りのピー助の写真です。

20071103.jpg



[2007/11/03 16:15] ピー助 | TB(0) | CM(20)

残念です。

びっくりしました。
ピー助ちゃんがお空にいってしまったなんて…
私もショックです。
動物って生活環境が変わる前には何か感じるみたいで、
私の愛猫も主人の愛犬も絶妙な?タイミングで
亡くなりました。
本当に不思議だけど、動物にはそういう力が
あるみたいですね。
プロポーズの日に来たピー助ちゃんはなりさんご夫婦に
幸せを運んでくれましたね。
もうすぐ待望のベビちゃんたちが産まれるし
もう自分の役目は終わったと思ったのかも。
退院後ピー助ちゃんがおうちにいないのはさみしいけど、
ずっとずっと見守ってくれますよ!!
写真のピー助ちゃんかわいいですね~。
真っ白で『幸せの鳥』っていうかんじ☆
ピー助ちゃん、本当におつかれさま。



[2007/11/03 19:35] akiko [ 編集 ]

私も泣いています

なりちゃん、本当にびっくりして涙が止まりません。
なりちゃん夫妻が家族として大切に育てていたピー助・・・。
私も大好きで、ファンでした。
なりちゃんちにもうすぐ赤ちゃんが来るから、きっと安心して天国に行ったんだよね。
何だか物語のようだね・・・・。
なりちゃんもご主人も本当に辛く悲しい気持ちでいっぱいだと思うけど、
きっとピー助はなりちゃんちで愛情いっぱいもらって幸せな鳥だったと思うよ。
だからがんばって!!
ピー助はなりちゃんご夫妻の心の中でずっと生きていると思う。
私もピー助のこと、忘れません。
[2007/11/03 22:56] わかば [ 編集 ]

びっくりしましたぁ、、、

今回、、、辛いのに
ブログで教えてくれてありがとうございます。
そして、
大丈夫ですか?、、、
ピー助ちゃんは身を引いたように見えるかもしれませんが
なりさんの家族になれて幸せだったと思いますよ。
そして、今からカワイイカワイイ双子のベビーが生まれてくるので
なるべく
気持ちを落ち着かせて出産してくださいね♪
多分無理だと思いますが、、、

写真、とってもカワイイですe-266
[2007/11/04 00:36] aochanmom [ 編集 ]

ピー助ちゃん、お疲れ様でした

お別れは何度繰り返しても悲しいですね。
なりさん夫婦がピー助ちゃんと過ごせて幸せだったように
ピー助ちゃんも幸せだったと思いますよ。

うちもチョコが死んですぐにたーくんがお腹に宿ったから
チョコが連れてきてくれたとしか思えなくて・・。
そういう因果関係みたいなのあるんでしょうかね?
でもきっとまた会える!そう信じてます。
ピー助ちゃんもゆっくり休んだらまた会いにきてくれますよ!
[2007/11/04 09:11] ひよこ [ 編集 ]

☆akikoさんへ

そうですかー。akikoさんの猫ちゃんも・・・
私も入院前からピー助のことだけがずっと気掛かりだったけど、まさか本当にお別れがくるなんて思ってませんでした。

akikoさんの言うように役目が終わったって思ったのかな。また涙してしまいました。

私もピー助が見守ってくれる事を信じて頑張らないといけないですね!

ありがとうです☆
[2007/11/04 10:47] なり [ 編集 ]

☆わかばちゃんへ

私も、わかばちゃん始め皆さんの優しいコメントに又々、泣いてしまいます。
わかばちゃんにもそんな風に言ってもらってピー助は幸せ者だよー。

常にひっついて廻ってトイレにまで慌てて飛んでくる子だったのね。
「ピー助うっとおしいよー!」とか悪態ついたりしてたけど、手が掛かる子だったので尚更ポッカリ穴が開いたような感じです。

でも時間が解決してくれるでしょう。

ありがとう!!

[2007/11/04 10:53] なり [ 編集 ]

☆aochanmomさんへ

aochanmomさんありがとう!

ブログもなかなか書けなかったんですよ~(^^;) すぐ泣いてしまうんですよね。
病院でも亡くなったと聞いたときは号泣してしまい助産婦さんたちを驚かせたりして。
ゆっくりゆっくり書きました。

でも私はもうすぐ元気な赤ちゃんを産むという大仕事が待っているのでそんなにメソメソもしてられないです!

ピー助も一緒に家族としてベビ達を迎えたかったけどきっと近くで見守ってくれてるんだろうと思いたいです。
[2007/11/04 11:00] なり [ 編集 ]

☆ひよこさんへ

ひよこさん、ありがとうです!

そうでしたね。チョコちゃんが亡くなって間もなくたーくんがお腹にやってきたんでしたね。
本当に不思議です。

私も成人するまで何度か文鳥とのお別れを経験していてその度に悲しい悲しい思いをしてきました。
笑って楽しい思い出だけを話せるまでには少し時間がいるけど、ピー助に出会えて本当に幸せでした。

子供達にも小鳥好きになってもらいたいです(^^)  そして又いつかみんなで文鳥をお迎えしたいって思ってます。
[2007/11/04 11:09] なり [ 編集 ]

え~

何と言って良いのか・・・
絶対 ピー助はなりさんご夫婦の元で幸せだったに違いありません・・・
きっと、安心して天国に行ったんだよ!
なりさん夫婦にとって、大切な家族だったもんね・・・
ピー助も天国から無事に出産する事を祈ってなりさんを見守ってるよ。。。
だから、頑張って元気な双子ちゃんを出産してね!
[2007/11/05 08:22] hirosao200024 [ 編集 ]

ピー助ちゃん。
なんと言ったら...言葉が見つからない気持ちです。

なりちゃんの気持ちを読んでいたら涙がこぼれてしまって。
以前一緒に暮らした犬やネコ(家族)の事を思い出してしまいました。

ピー助ちゃんは家族だものね。
わたしはブログでしかピー助ちゃんを知らないけれど、愛しくてしかたがないなりちゃんの気持ちがブログからだけでも、相当伝わってきていましたから。
なりちゃんの家族で、ピー助ちゃんはとっても幸せだったことと思います。

そして、これからもずっと家族として双子ちゃんの誕生を楽しみに見守ってくれることと心から思います。

今も、そしてこれからも、喜びも悲しみもご主人と一緒に乗越えて、元気な赤ちゃんを産み育ててピー助ちゃんに見せてよろこばせてあげようね。

お互いに強くて逞しい母ちゃんになろうね、なりちゃん。



[2007/11/05 13:15] よこ [ 編集 ]

ペットって飼い主より寿命が短い分、必ずと言っていいほど飼い主よりも先に虹の橋を渡ってしまうんですよね。私もペットが先に旅立つ事を考えただけで涙がでちゃうんです。だから、なりさんが悲しむのも当然ですよね。

今まで家族であり、子供同然にくらしたピー助ちゃん、旅立ってしまったけど、必ず近くでなりさん一家を見守っていますよ。そして、キット元気な姿で飛び回っていることでしょう。ピー助ちゃんを可愛がった愛情をそのままこれから生まれてくるベビちゃんへそそいであげることが、今亡くなったピー助ちゃんの供養になるかもしれませんね。。悲しいけど、乗り越えてください。
[2007/11/05 15:35] みぃ [ 編集 ]

☆hirosaoさんへ

ありがとう~!

小さい鳥http://blog80.fc2.com/image/icon/i/F9F4.gif" alt="" width="12" height="12">だけど私達には大きな存在でした。
本当に家族と一緒だよね。
ピー助が見守ってくれてると信じて頑張るよ~!
[2007/11/05 20:11] なり [ 編集 ]

☆よこちゃんへ

あーしてあげれば良かった…こーしてあげれば良かったとか色々考えてしまうけどピー助も一生懸命に生きてくれたから今までの思い出を大切にしようと思ってます!

よこちゃんも臨月な状態でピー助の為に涙して貰って本当にありがとう。

ピー助は幸せ者だよ~。

そうだね!強くてたくましい母にならなくてはねっ。
[2007/11/05 20:25] なり [ 編集 ]

☆みぃさんへ

いつか別れがくるとは分かっていても、辛いものですねーhttp://blog80.fc2.com/image/icon/i/F9AC.gif" alt="" width="12" height="12">

時間が解決してくれるんですけど…

私には大きな仕事が待っているから頑張ります!
そして、いつか又http://blog80.fc2.com/image/icon/i/F9F4.gif" alt="" width="12" height="12">サンをお迎えしたいと思ってます。

みぃさん、ありがとう!
[2007/11/05 20:35] なり [ 編集 ]

う~ん。上手くいえないけど
やっぱりピー助は身を引いたのかもしれないね。
子育ては1人でも大変だから
なりさんのところはもっと大変と思うから
いつか子育てが落ち着いたらまた文鳥を飼ったら良いと思う。
落ち込むと体に悪いから前向きに頑張ってね!^^!
[2007/11/06 00:07] まきりんご [ 編集 ]

☆まきりんごさんへ

そうだよね…双子ちゃん育児は大変なんで助産婦さん達からも毎日ベビーシッターさんのアドバイス貰ったり心配して下さってるんです。
私達夫婦は里帰りもしないけど「何とかなるさー」みたいに割りとのんびり考えてたから思ってるよりずっと大変なんだと思います。
ピー助居ても寂しい思いをさせてたんでしょう。

一時はベビさん達中心で気合いを入れないとね(>_<)!
[2007/11/06 20:17] なり [ 編集 ]

ピー助ちゃん。。。
突然の悲しいお知らせで言葉もないです。。
とっても悲しいけれど、ピー助ちゃんはとっても幸せな気持ちでなりさんにさよならをいって天国にいったんだと思います。
なりさんにとって大切な日に家族の一員になって、なりさんご夫婦を楽しませて、その後双子の赤ちゃんができて、その門出を祝うかのように。。。
ペットって本当に癒されますもんね。

でもこれからは双子ちゃんたちがなりさん夫婦を癒してくれると思います。きっとピー助ちゃんもそれを天国で見てうれしい気持ちになると思います!

妊婦期間もあともう一息ですね!
本当に体がきついと思います。
でもおなかの中にいるのもあと少し。
かわいい双子ちゃんにもうすぐ会えるんですよ!
ゆったりとした気分でその日を迎えてくださいね♪

[2007/11/06 22:52] mimi [ 編集 ]

☆mimiさんへ

mimiさん、お久しぶりです!励ましのお言葉ありがとうです。

もう家に帰っても大騒ぎで喜んでくれるhttp://blog80.fc2.com/image/icon/i/F9F4.gif" alt="" width="12" height="12">は居ない…とか考えると悲しみに襲われるけど今は病院で双子ちゃんに会える日も近付いてるから、しっかりしないといけないって思ってます。
お腹の赤ちゃん達は最近大きくなってないんですよ。元気みたいなんで心配ないみたいなんですがhttp://blog80.fc2.com/image/icon/i/F9AC.gif" alt="" width="12" height="12">
他の方より大きなお腹であるには間違いないですhttp://blog80.fc2.com/image/icon/i/F9C7.gif" alt="" width="12" height="12">

この一心同体な状態もあと1週間もないので、この時間を大切にしますねっ。

mimiさんは育児いかがですかー?

[2007/11/07 06:48] なり [ 編集 ]

遅くなってしまったけれど

本当にびっくりしました。
そして本当に悲しくて涙がこぼれました。
ピー助のご冥福をお祈りします。

ピー助幸せだったと思うよ。
こんなに思ってもらえて…ね。
病院にまで何とか連れて行こうって
思われるくらい大切にされていたことは
ピー助が一番わかっていると思うよ。
ご主人も1人で本当に辛かったでしょうね。

でも、ピー助はなくなってしまったけれど
きっとなりちゃん夫婦のこと
これからもずっと見守ってくれているだろうし
きっとまた生まれ変わって
やってきてくれるとも思うよ。

動物を飼った時点でこういう悲しい別れが
いつかやってくるとはわかっていながらも
やっぱり悲しいよね。
でも素敵な出会い・時間だったからこそ
悲しめると思うんだー。

あんまり泣きすぎてもよくないけれど
生まれてくる双子ちゃんたちも
きっとこの悲しみをわかってくれるよ。
ピー助がなくなってとっても悲しんでくれる
両親の元にやってくるっていうことは
双子ちゃんにとって
とっても幸せなことだと思うから。
ピー助がなくなっても普段どおりの両親だったら
私が双子ちゃんだったら心配だもの。

なんかだんだん書いてることがまとまらなくなったけれど
私もピー助のことわすれません。

なりちゃん、あともうちょっと
旦那さんと二人で頑張ってね。
[2007/11/07 19:45] みのん♪ [ 編集 ]

☆みのんちゃんへ

みのんちゃん、ありがとう!!ピー助喜んでると思うhttp://blog80.fc2.com/image/icon/i/F99F.gif" alt="" width="12" height="12">

みのんちゃんもピー助の事気にかけて貰ってたよね…いやぁ本当に辛かったよ。あんな小さな生き物だけど私達にとっては大きな存在だったから。

今度からピー助居る為に出来なかった2泊以上の旅行とかも出来るんだねとか窓も開けっ放しでいいやん!とか話しつつも、それでもやっぱりピー助が帰って来てくれるなら帰って欲しいって思ってしまう。

うん!またhttp://blog80.fc2.com/image/icon/i/F9F4.gif" alt="" width="12" height="12">を飼う日がきたらピー助が戻ってきてくれるでしょう!

それまで育児に全力投球でガンバルね!!
[2007/11/08 08:45] なり [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narichan0620.blog80.fc2.com/tb.php/120-03bbc160



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。