スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

手術の事 

金曜日に流産の手術が無事に終わりました。

流れ的には・・・

1、前日21時以降は絶飲絶食。

2、当日は9時に病院受付で子宮口を広げる器具を装置して(これが結構痛かった)手術の11時まで個室で休む。

3、11時過ぎに手術台へ。

4、静脈麻酔が始まり手術自体は5分もかからなかった。

5、その後手術台で定期的に血圧を計るのが30分くらいかかったと思う。

6、個室へ戻り点滴をつけたまま眠りにつく。

私は小児喘息があり(中学生くらいから喘息の症状はないのですが・・・)喘息経験者は全身麻酔が出来ないそうです。
事前の説明で看護婦さんによる静脈麻酔の人は「手術中うなされる人が多いけど手術事態は覚えてないと言われます」と聞いていてネットなどで調べると手術の最中、意識がはっきりしている人が多く痛かったという怖い話ばかり見ていたので恐怖にかられていました。

手術前に腕に筋肉注射を2本打ち点滴をするのですが手術直前に点滴に麻酔のようなものを入れられたと思います。
そして先生が到着して「ボーってするやろ?」と言われたけど私は意識がはっきり汗とか
「いえー!全然はっきりしてるんですが・・・」と言うと「喘息がある人はこれが限界やもんねー。じゃ始めるよ」と始まってしまい、「うそー!まじでー!!!」
腕に物凄い力が入りました。
でも我慢できない痛さじゃなかったです。
本当にあっという間で。
後で先生に聞いたら、意識もはっきりしてたような気がしてたけどやっぱり麻酔は効いてるんだそうですね。効いて無かったら痛みに耐えられてないよと言われました。
手術前に点滴を入れてる間お腹をさすって「ありがとねー。最後がんばろうね!」とお腹の赤ちゃんに心でつぶやいて手術終わったら「もう居ないんだね」って思ったけど、無事に終わってほっとした安堵感のほうが強かったです。

個室のベッドで麻酔が切れるまで3時間くらい休んでくださいと言われたけど1時間半くらいでシャキンと目が覚め「やっくんとひーちゃんとこに帰らなきゃ!」と思いすぐに看護士さんに伝えました。
ゆっくり休んでいいよと言われたけどスッキリしてたんですよね。
私は元気なほうなのかもしれないですね。

会社を休んで子守をしてくれたパパとやっくんとひーちゃんが迎えに来てくれて自宅へ帰ったのは16時過ぎ。

その後出血もそれほどなく・・今日は全く出血ないのでもう止まったのかな?痛みもなく元気に過ごしています。

昨日の朝は再度病院で診察だったんですが、子宮もきれいで問題ないそうです。
普通に生活していいそうです(術後もほぼ普通どおりに家事と育児して動いてましたが
金曜日の手術は主人が休んでくれ土日があったので、いつもよりのんびりはしてました。

多分次の生理は30日~40日で来るとの事。

「妊娠はいつから大丈夫ですか?」と聞くと、なんと今回の出血が終わればすぐにOKなのだそうです。
だから次の生理が来ないまま妊娠しても問題ないって・・・。

そっかー!

でも私は少し考えてしまうんですよね。

主人はもう生まれるって覚悟決まってたわけだし私の年齢を考えてももし作るなら早い方がいいよって言うけど、やっくん&ひーちゃんがまだ赤ちゃん赤ちゃんしてるのでもう少し開けたいような・・・それにこれからもっと動きが活発になろうであろう一歳児の二人。
たくさんパワフルに私も一緒に遊んでやりたい気持ちも一杯。妊娠すると外遊びも制限されちゃうからね。

でも確かにもう一人欲しい気持も強い・・・二人に兄弟が更にできたらもっと楽しくて幸せだよね。それなら、うん、早い方がいいかも・・・?とか悩む悩む。
まだ気持ちがはっきりしないし、今後も焦って作ろうとは思わないと思います。
もしこのまま授かれなくてもやっくんとひーちゃんを大切に育てていきたいし、もし神様から授かれるチャンスがくれば今度は赤ちゃん第一に安静に過ごして・・今度こそは絶対元気に産みたい!

そんな気持ちです。

ともかく、身体の回復が順調のようなので良かったです。

色々と心配してくださったみなさんありがとうございました!
赤ちゃんとはサヨナラだったけど、また毎日を頑張っていきたいと思いますよー

最近やっくんとひーちゃんの話題がないけど、二人は相変わらずマイペースに育ってくれています

やっくんは「バイバイ」が少し上手になり、ひーちゃんは「こんにちは」と頭を下げるのが上手になりました。
やっくんはミニカーなどの車関係の玩具や本が大好き。「ブーブー」言いながら遊んでます。
男の子だなーって思ってしまいます。見てて面白いっ!
ひーちゃんは相変わらず何でも口に入れて遊ぶことが多くて
女の子っぽい玩具が少ないんで何か買ってあげなきゃなーって思います。
あとひーちゃんはソファでジャンプが得意。活発です。
こんにちはって頭下げる姿は本当にかわいいです。←パパ、めろめろ。

20090303191032.jpg

あと玩具や物の取り合いがすごいー。
どっちか取ったら取られまいとお互い逃げ回ります。取られた方は私に泣きながら訴えてくるけど私は基本的にノータッチ。
「取りかえせー!!」しか言いません。笑って見てます。

ここのとこ家ばかりで外に連れ出してないので(最近写真もあまり撮って無し)もう少し暖かくなったら皆で動物園などでも遊びに行きたいなぁ。
スポンサーサイト

残念な結果 

先週の土曜日は3週間ぶりの検診の日でした。
8w4dのはずです。
やっと、赤ちゃんの様子が見れるとワクワクでやっくん&ひーちゃんはパパとお留守番で朝一番に病院へ行かせてもらいました。

そして・・・エコーだったんですが・・・

赤ちゃんの心拍が見えませんでした。
小さな胎芽は見えたんですけどピコピコと動いてませんでした。

「流産やろうね。赤ちゃんの大きさも6週くらいしかないし。胎嚢の形も少しよがんできている。」と言われました。
確かに赤ちゃん小さかったです。
稽留流産だそうです。

取りあえず来週中ごろにもう一度見て・・・ほぼ無理だから手術をするから旦那さんと日程を決めておいてねと言われ病院を後にしました。

車の中で泣けてきて、運転しながら大泣きしました。
出血や茶おりもなかったし・・・ただ少しつわりが軽いかなとは思ってたけど何の心配もしてなかったんですよね。

突然の妊娠で少しだけ戸惑ったけど、家族が増える喜びで私も主人も幸せ一杯でした。
絶対大変やん!!と冗談言いつつも嬉しくて楽しみで仕方無くて。

でも妊娠判ってからも、お腹の赤ちゃんに余り気を遣ってあげられず、ついつい無理をしてたのかもしれません。
多忙な時期に突然やってきた子だったので元気な子に違いないと決めつけて、やっくん&ひーちゃんの時のようには思いやってあげられなかった。
可哀想な事をしました。

家に帰って主人に告げると、呆然としてました。思ってもなかったことだったので・・
主人はすぐに気持ちを切り替えて「またチャンスがあるよ!!」と言ってくれました。

それから昨日は少し出血&茶おりがあり心配で今朝また病院へ。
やっぱり赤ちゃんの心拍は見えず。中の赤ちゃんはちょっとぼやけて、やっぱり無理だということです。

今日は術前検査をして流産の手術は今週の金曜日に日帰りで決まりました。

車の中と主人に報告するとき大泣きしましたが、もう大丈夫です。
やっくん&ひーちゃんのお世話でメソメソはしていられなくて。

でもまた、もしかしたらそんなチャンス・・・というか赤ちゃんがやってくることがあるかもしれないねーと話しています。
その時は、もっともっと身体を大事にしたいです。

手術までお腹にいる赤ちゃん、やってきてくれてありがとう!
また来てくれるのを、のんびり待ってるからね。

暗いニュースで申し訳ないです。私はもう元気になり前向きになっています。
沈んだ内容は今日で終わりです。
今週金曜日の手術、頑張って来ます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。