スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

10月30日ピー助の命日 

昨日はピー助(文鳥♀)がお空へ帰って一年の命日でした。
(う、日付変わって一昨日ですねぇ)

何もしてないけど、ピー助が眠ってる庭のプランターへ夜ごはんの白飯と焼きさんまの身を少しだけお供えしました。

去年は出産が近かったので、すでに入院したんですよね。
本当は出産間近で幸せ一杯なはずなのに悲しくて悲しくてずっと泣いてたっけ。
一年あっという間だなぁ。

主人と「ピー助がいたらどうなってただろうね~考えるのも怖いよね」ってよく笑って話してます。

やっくん、ひーちゃんから隔離しないとピー助の命が危なかったに違いないっっ!!
うちには、鳥さんの絵のグッズや小物が結構あって子供たちにも「ほら、ピッピーだよー」というとすごく興味をもつのでピー助見せてあげたかったなとも思うけど・・
二人が幼稚園くらいになったら文鳥を絶対にお迎えしようと思ってます。

そう今朝、白飯とさんまの身をを下げに庭へ行ったらさんまが綺麗になくなってました(^。^;)
猫ちゃんかカラスちゃんかしら・・・?

20081031.jpg
↑これは、まだ飼い始めたばかりの頃の雛のピー助、懐かしい。私の頭に乗ってます。

ひーちゃんの突発性発疹は完治しました。
湿疹も少しだけ残ってるけどほぼ消えてホッ。
やっくんも今のところ、大丈夫です。

ひーちゃんは病気が治って絶好調でテンション高いです。
それ以上にテンションの高い人・・・それはやっくん。ひーちゃんに、くっついて笑いかけまくってますw
すごいんですよー。なんなんでしょう・・・いったい。
ひーちゃんが先に寝付いても寂しいのか髪を引っ張ったり、枕もとで大きな声で何回も笑って起こそうとしてみたり。
急に大大好きになったみたい。
この二日間、やっくんに目が離せません。

2008103102.jpg
2008103101.jpg
2008103103.jpg

完治したひーちゃん。
スポンサーサイト

[2008/11/01 00:10] 生後11~1歳0か月 | TB(0) | CM(6)

ひーちゃん、突発性発疹 

先週の水曜日から、ひーちゃんが突然の高熱で忙しくしてました。

 10/22(水) 朝から38.3度。風邪の症状無く元気。病院へ行くと膀胱 炎とのこと。

 10/23(木) 朝から39度を前後。午後、一度解熱剤を使用、一旦下がるが夜には更に高熱。39.7度まであがった時にはさすがにひーちゃん、辛そう。夜中何度も水分補給。

 10/24(金) 朝38.5度前後。薬が効かないのか? ・・・と思っていたら午後37.7度くらいに下がりお腹周りに湿疹が出始める。もしや、突発性湿疹では?

 10/25(土) 熱36.5度。完全に下がった。病院再受診。膀胱炎ではなく突発性発疹だったとのこと。湿疹はお腹、背中、顔に広がってひーちゃんは熱が下がってからグズってる。

 10/26(日) 湿疹、手足にも出始める。寝グズリ、後追いがひどい。

 10/27(月) 湿疹少し色が薄くなってきたような・・?夕方からグズリと後追いがひどい。

色々あったんだけど、突発性発疹でした。
最初、尿検査で白血球が増えてるので膀胱炎という診断でしたが、抗生物質が効かず3日後に熱が下がり始めてお腹周りの湿疹が激しくなって突発性発疹だった事が判明。
膀胱炎と言われた後は、おむつ拭きはひーちゃんは女の子なので特に注意して丁寧を心がけてたので「何が悪かったんだろうね?何か甘いところがあるんだろうねぇ。」と主人と深く反省し(その時は先生曰く赤ちゃんの膀胱炎はよくあることで気を付けていても偶然になってしまうのです・・と言われましたが)これから癖になったらどうしようって心配し、また薬が全く効かないことにも心配してたので突発性発疹で正直ホッとしました。

今回、近所の病院から初めて転院した病院でした。先生はとっても優しい感じで良かったって思ったのですが・・・診断が違ってたので又今までの病院へ戻るか他を探すか考えたいと思います。

突発性発疹は湿疹が出てからじゃないと判断するのが難しいのは分かってるのですが、膀胱炎と診断されて飲まなくて良い抗生物質を飲んでいた・・というのが、やっぱり引っ掛かって
そういう事ってよくある事でしょうか?
実は最初に見てもらった時、何となくおへその周りがブツブツしてたので先生に「お腹にブツブツが出てる感じです」というのも伝えたんだけど「これは熱がでるような物じゃないですよ」って言われたんですよね。
土曜日、湿疹見て「膀胱炎に罹っていたということは無かったという事なのでご心配ありません」と先生も申し訳なさそうだったし責めるような事は一切なかったけど、今後わざわざ車で出かけるにはちょっと・・・という感じです。

そう、駐車場が少なくて非常に狭くベビーカーの出し入れも出来ないんで私一人で連れていくには苦労しそうな病院だというのも理由の一つです。

今回思ったけど一度病気になったら2度3度通わないといけない事も多いみたいだし、やっぱり私一人で動きやすい病院が何より一番なのかなぁって凄く思いました。

そう・・ひーちゃんは今日現在、湿疹のピークは過ぎてこれ以上悪くなるような事はないと思います。
でも見た目かわいそうですねぇ。痛々しいお肌です。
高熱の時はいつもの元気でしたが、熱が引いて湿疹が出てから調子が悪いようでダルそうだったり、グズグズ泣いて私にべったりです。
辛いんでしょうねぇ。
私は家事がはかどらず困った事になってるけど仕方ないー。
あ、食欲はあるみたいでグズりながらも離乳食も食べてくれるので助かります。

あ、どの病院でもひーちゃんは絶叫で泣きっぱなしで汗; 待合室などでもひーちゃんほど泣いてる子を見たことないので「うわぁ・・・」って思いました。
しかも声は人一倍バカでかい。←これはやっくんも物凄い声でかいです。
うすうす感じていたけどひーちゃんは、かなりの小心者と思われます・・・では。

突発性・・・やっくんに移らなきゃいいなぁって思います。

私も水曜からくたびれてるけど頑張ります

【10/25土曜日 の様子】

2008102701.jpg
泣きながらもパパにお昼ごはんを食べさせてもらうひーちゃん

2008102702.jpg
ダルダルのひーちゃん (この時顔の顎あたりにはブツブツ出始めてるけど写ってないですねぇ)

2008102703.jpg
元気にキメッのやっくん でもひーちゃんが泣き続けると僕も泣いちゃう。ひーちゃんの様子が気になるやっくんです。




[2008/10/28 00:00] 生後11~1歳0か月 | TB(0) | CM(8)

ファーストシューズ 

この前の日曜日、マリナタウンのベビーザらスへ靴を買いに行きました。

二人とも自力で立って歩こう歩こうと頑張ってるので外でも挑戦させていこうと思い・・・
ベビーザらスの靴担当の方に採寸してもらって色々お話を聞いてアシックスのSUKU2にしました。

ベビーの靴は本当にかわいいです

早速マリナタウンで靴はかせて、離乳食を詰めたお弁当を食べながら遊んでみました。

20081021.jpg

2008102101.jpg

2008102102.jpg

二人とも靴を嫌がりはしないけど違和感があるらしく家のように立っちして一歩がなかなか踏み出せません。
練習が必要ですね 

ハイハイばかりするので今買ったばかりの靴が真黒になりました。
(服も真黒・・・・(^^ゞ)
ひーちゃんのはベージュだったので目立つなぁ。色、考えれば良かったかなぁ。

で、家に帰って早速お洗濯です。

2008102104.jpg
 ↑アシックス SUKU2 (スクスク) 12.5cm

昨日はやっくん7歩歩きました。歩くことに関してはやっくんがやる気を見せています

まずは靴に慣れることからがんばろうねー!

その日のマリナタウンで驚いた事に2組のミックスツインちゃんに出会いましたよ
お2組とも声をかけて下さって・・・。
双子ちゃんに出会ってもなかなか男女の双子ちゃんに出会わないのでビックリでした。
「がんばってくださいね」と応援してもらって嬉しかったです

他にもいないいないばぁの雑誌?月刊誌?を買ってもらった二人。
中のシールで遊んでました(というか食べてました
パパも参加して頭にペタペタ、シール貼られたやっくん。

2008102105.jpg

かわいかったのでパシャリ。




[2008/10/21 11:20] 生後11~1歳0か月 | TB(0) | CM(6)

先週の事 

10月13日の1時38分父が亡くなりました。

5月に脳梗塞で倒れて病院も転々とし、何度か危篤状態にも陥って最後もひどい痙攣と呼吸困難で苦しんで苦しんで逝ってしまいました。
日曜日の夕方からひどい痙攣が始まって私も21時半頃病院へ駆けつけましたが少し血圧も安定したし色々あって一度自宅へ帰ったんですが、すぐにまた悪い状態に陥って戻った時には間に合いませんでした。
多臓器不全でした。
心臓も肝臓も腎臓も本当に悪くて手の打ちようがなかったそうです。
倒れる前から悪かったんですけどね、寝たきりになって病状が一気に悪くなったようです。
最期を看取れなかったけど苦しみから解放されて私は少しほっとしたような気持ちです。

通夜、葬儀とやっくんひーちゃんを連れて大変でしたが無事に終えることができました。
子供たちに手が係るので妹や主人や親せきがよくやってくれたと思います。

やっくんとひーちゃんのいるお陰で私は悲しみにどっぷり浸る事もなく毎日過ごしています。
でも、やっぱり父の事を何かにつけて思い出します。
生前は決して仲が良い親子ではなく、父に対しては反感ばかりの私でしたが小さい頃の楽しかった思い出や私が父に冷たい態度を取った事ばかり思い出されます。
もう少し優しくするべきだったと・・・。
母も、父には苦労ばかりかけられてたけど年老いてからはいつも夫婦二人で手を取り合って生きてきたので一番落ち込みがひどく心配です。
父が倒れてから、自分も身体が不自由なのに毎日毎日見舞いに行き最後まで奇跡を信じた母でした。どうしても生きてもう一度自宅に帰ってきてほしかったみたいです。

私は父が苦しむ姿が本当に辛かったんですけどねー、きっと今頃は天国でゴロンと横になり好きなテレビを見てのほほんと過ごしていると思います。

お父さん、良い娘ではなかったけど本当にありがとう。倒れてから頑張って頑張っての毎日だったね、辛かったでしょう。天国でゆっくり休んでください。
お父さんの可愛がってくれたやっくん、ひーちゃんは立派に育てるから見守ってね。
それからお母さんの事もね。

暗いお話ですみません、読んで頂いてありがとうございました。
週末のやっくん、ひーちゃんも後でUPしようと思います。





[2008/10/20 19:23] 生後11~1歳0か月 | TB(0) | CM(6)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。